内職・在宅ワークランキング

はたらきねっと NEW
SSL
ジョブメイトNEW

在宅支援サイトの紹介
手作り工房リードタイムとは
内職商法について
内職商法の見分け方
内職商法の対策
相互リンク
サブメニュー
お勧めリンク
■資格取得や検定合格が条件

内職商法の中でも特に多いのが、「仕事を斡旋します。その代わり、こちらの指定する講座を受け検定に合格してください。」「資格を取ってもらったら仕事を紹介しますよ」というものです。このような「検定に合格したら」とか「資格をとったら」仕事を紹介するというのは、資格商法という高価な教材を売りつけるための悪質な手口の一つです。

 

狙われるのは、子供が小さくて外で働けない主婦や、サラリーマン、学生などが多いようです。サラリーマンは資格を取得すると転職に有利であると説得され、学生は、今からは資格の一つも持っていないと就職は難しいとそれぞれ弱みにつけ込み、得々と説得されます。

 

このような資格商法の手口は、ほとんどが電話やダイレクトメールが多いようです。
「今お仕事などをお探しではありませんか?」といかにも今人手が足りなくて、仕事をしてくれる人を探しているようなことを言い、「ぜひあなたにやってもらいたい」というようなことを言われます。ある程度お仕事に対して興味を持たせておいて、検定や、資格取得の話を持ちかけます。

 

長い間話を聞いているうちに、なんとなく断りにくくなってしまいますが、そこはキッパリと断らないといけません。「結構です」とか「いいです」という言い回しをすると、了承したとみなされ勝手に申し込みの手続きをされることがあります。必要のないものは「いりません」「必要ありません」とはっきり断るようにしましょう。

Copyrightc 2008 tezukuri-hand.net